FC2ブログ

「本人は過去を忘れても、過去は本人を覚えている」(『ファミリー・シークレット』柳美里)

「本人は過去を忘れても、過去は本人を覚えている」
これは、柳美里の新書(といってもすでに約5ヶ月前出版)『ファミリー・シークレット」の1節。この言葉を読んで、多少なりともその重みを感じ得ない人はいるだろうか。誰だって忘れたい過去がある。小さい頃の辛いこと、誰にも言えなかったこと。小さいながらに精一杯に受け止めようとしてその重みを耐えきれず、心の奥底の深いところにしまってしまった..。できたら、それをきれいさっぱり消してしまいたい、その存在を否定したい、でも、フタをした筈の辛い「過去」はことあるごとに顔を出す...大人になった今でも。
作家、柳美里は、そんな辛い過去と真っ正面から向き合うために、カウンセリングを受け、その経験をもとに『ファミリー・シークレット』を書き上げた。当時小学4年生だったひとり息子に手を上げてエスカレートしてしまう自分に不安を覚えたことがきっかけのようだ。実は、シドニーに住んでいる為、まだこの本を読んでいない。そんな私が、この本の1節について書く権利があるかどうかは、わからないが、心理カウンセラーとして、何か書かずにいられない衝動を覚えたのだ。この1節にはそれほどに深く、人間としてこの世に生を受けたもの全てに共通するなにかがあるように思えるのだ。それは、私達の心の奥底に潜む、深い、奈落の底のような闇...そこに存在する、先祖代々が封印してきた「過去」のかけら...その「過去」の記憶は、無意識レベルでの行動や言動として、今の私達の毎日にふと表れ続ける。

私自身も、以前に、心理セラピスト/カウンセラーのコースの一環として、私なりの「ファミリー・シークレット」について小論文を書いた。当初、なんのつながりもないと思っていた個々の出来事、父方、そして母方の家族何世代をも越えて受け継がれてきたあらゆるものの深さを身にしみて感じた。それは時として決して生易しいプロセスではない。しかし、人生を「自己を知るというプロセス」としてもみることができるのならば、自分を育ててくれた親、そのまた親の存在を無視することはできない。そして、今日の私の中にも双方の家系に秘められた恐れ、不安、弱さ、強さ、そして、喜び、悲しみは、まだ存在している。ただ、違いは、私なりにそれらを認識し、私の中にあるそれらのいくつかを「無意識」から「意識内」に移行したということだ。それは、私の代で、それらと向き合い、息子の代へ無意識のうちに手渡してしまわないようにできる限りの手だてを尽くしたという「感触」としてわずかながらも残っている。無論、今でも、それが完結したわけではないし、完結し得るものでもないと思う。今年で、息子は15歳。実際、もうちょっと遅いのかもしれない。しかし、このプロセスに遅い早い...そして深い浅いなど'競争'的な要素はないと思っている。今世で自覚を持って取り組むこと、それだけで自分の中にはっきりとした違いが芽生えてくることを実感できたからだ。そして私自身、このプロセスを続けることが双方の家系の血筋を引く私に与えられた「使命」のようにも思えてくるのはなぜだろうか?それもまた、無意識からくる衝動の1つなのだろうか?年末に日本へ帰国した折に、この本を、ぜひぜひ購入したいと思う。この本を読むことで、また、私自身の「ファミリー・シークレット」についてもまた新しい発見があるようなそんな期待を感じさせてくれる1冊になるのでは...?
スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10 12
プロフィール

かおる

Author:かおる
父の転勤をきっかけに、シドニーに住み始めて38年の心理カウンセラー。シドニー湾沿いののどかな街の小さなカウンセリング・ルーム(+シティのタウンホールクリニック)で、みなさんだれもが持っている「自己本来の輝き」を取り戻せるようお手伝いさせていただいています。
専門は、個人またはカップルカウンセリング、家族カウンセリング。

カウンセリングルームの詳細はwww.eastsidecounselling.com.au
をご覧下さい。

夫と23歳のひとり息子、そして14歳の元気なおじいちゃんわんこ(パグとジャックラッセルのミックス犬)が家族です。

心の辛さ、って目に見えにくいので、意外と自覚しにくのかもしれませんね。だから、ケアを怠り、ついつい自分を叱咤激励して先へ先へ進もうとしてしまう方も多いのではと思います。
このページは、そんなあなたに「ちょっと、小休止」の機会となり、たまには、あなたの「こころ」から届くメッセージに耳を傾ける、きっかけになれば、と思います。
ブログを通じて、みなさんと一緒に「こころの癒し」や「自分を大事にすること」また、「自己セラピー」等について色々な角度から考えてみたいと思います。
ぜひお気軽にご意見や質問などお寄せください。
お待ちしています。

eastsidecounselling@bigpond.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR