FC2ブログ

チャリティーバザーで助っ人表わる!?

グズついた天気の続いていたシドニーですが、昨日から一気に夏一色になりましたね!今日はそんな真夏に一変したシドニーで起きた「ありがたいお話」をお届けしましょう。そのムシムシとした暑い日が、我々のチャリティーバザーの日だったんですね。私の所属するJCSコミュニティーネット(シドニー日本人定住者の会傘下にある福祉グループ)が、チャッツウッドでバザーをするのは、これで3回目。無利益団体は、地元のカウンシルを通じてモールに出店を出させていただけるのです。今回は、日本語の電話相談窓口設立の為のファンドレイジングです。シドニーには2万人以上の日本人が住んでいるといわれていますが、困った時に相談できるサービスがないんですね。そこで、来年中にはできればこの窓口をスタートさせるべく資金を工面しているのです。
我々の売り物は古着!日本人ママサンサークルの方々にお願いして、ご家庭で不要になった古着や小物をいただいて売るのですが、さすが日本人の方々。古着としてくださるものの質がよいので、飛ぶように売れます。もちろん、こちらも元値がかかっていない分、かなり安い額で出していますが、オージーやチャイニーズのおばあちゃん、おじいちゃんらが、$2、$5ぐらいのものでもそれは慎重に、チェックして、バッグの奥底にしまい込んだコインで払っていく方々なども多く、みなさん地味な生活をされていらっしゃるのだなと痛感しました。

当日、たくさんの荷物を運ぶため、我々コミュニティーネットのメンバー3名プラスいつもお手伝いくださるYさんを交えてスタート。しかし、炎天下の為、代わりばんこに休憩を取り合わないとフラフラしてきてしまうのです。そんな中...思いがけず、力強い助っ人が来てくださいました!以前、我々のセミナー(チャッツウッドのモザイクで福祉関係のセミナーを月1回行っています)に参加されたY2さん、そして、チャッツウッドの高齢者向けデイケアセンターで長年ボランティアをされているNさんです!お陰で、入れ替わりお休みをとることもでき、たいへん効率よく1日を過ごすことができました。

私自身は、残念ながら2:30にセッションがあった為、炎天下でフーフーいいながら売り子さんに徹しているメンバーにお詫びをしてお先に失礼させていただきましたが、飛び入りのヘルパーさん達が表れてくださったお陰で、本当に救われました。通常、どうにかなるさ、と気の大きい私ですが、今回は、自分が先に失礼しなくてはいけないこともあり、私が帰ったら残りの方々はどうなるだろう、とか、後片付けこそ大変だよな、と内心前々から心配だったのです。

我々のように海外に住んでいると、本当にヘルプが必要!という時頼れる身内もいないケースが多いので、こちらで知り合った方々や友達が頼みの綱となります。ですから、我々の活動を通して知り合った方々が、こういう一番たいへんな時に、すーっと来てくださる、というのは、たいへん有り難く、なんだか我々より大きな力がどこかで動いていて、見守っていてくださっているお陰なのかな?という風にも思える程です。下手に心配して労力を使うより、「もし、我々にヘルプが必要になったら、助けてくださる方が表れるのかもしれない」というような、迷信のようなものを信じる気持がこのごろ頻繁に浮かびあがってきています。それに甘んじるのはいけないと戒めていますが、でも、成り行きに任せる、そして、自然な事の運びをもっと信頼する、大袈裟に言えば、宿命を受け入れる...これは、私がもっと日常に取り入れてもいいことなのかもしれません。とすると、どうころんでも、いい結果、悪い結果はないということになるのかもしれません。どちらでもそのまま受け止めて、それを糧にして行きて行くことに学びがあるのかもしれないな、とも思い始めている今日このごろです。まあ、いつも上手に自分をそちらへ誘導できればいいんですけどね...

最後に、今日は、ひとことお礼を...素晴らしいお宝の数々を寄付してくださったママさん達、そして当日ヘルプしてくださった方々、本当にどうもありがとうございました!


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10 12
プロフィール

かおる

Author:かおる
父の転勤をきっかけに、シドニーに住み始めて38年の心理カウンセラー。シドニー湾沿いののどかな街の小さなカウンセリング・ルーム(+シティのタウンホールクリニック)で、みなさんだれもが持っている「自己本来の輝き」を取り戻せるようお手伝いさせていただいています。
専門は、個人またはカップルカウンセリング、家族カウンセリング。

カウンセリングルームの詳細はwww.eastsidecounselling.com.au
をご覧下さい。

夫と23歳のひとり息子、そして14歳の元気なおじいちゃんわんこ(パグとジャックラッセルのミックス犬)が家族です。

心の辛さ、って目に見えにくいので、意外と自覚しにくのかもしれませんね。だから、ケアを怠り、ついつい自分を叱咤激励して先へ先へ進もうとしてしまう方も多いのではと思います。
このページは、そんなあなたに「ちょっと、小休止」の機会となり、たまには、あなたの「こころ」から届くメッセージに耳を傾ける、きっかけになれば、と思います。
ブログを通じて、みなさんと一緒に「こころの癒し」や「自分を大事にすること」また、「自己セラピー」等について色々な角度から考えてみたいと思います。
ぜひお気軽にご意見や質問などお寄せください。
お待ちしています。

eastsidecounselling@bigpond.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR