FC2ブログ

トラウマと仲良く。。。



「三つ子の魂百まで」と言われていますが、その言葉の通り、あなたの生まれ持った本質的な性格と幼児期にどう育てられたかはあなたの人格形成に大きな影響を与えると言われています。でも、だからと言って逆境で育った人は一生そのトラウマを抱えて辛い思いをして生きるという意味ではありません。大事なことは、あなたが持ち前の本質を生かしてトラウマとどう付き合っていくかで新たなる可能性がたくさん生まれてきます。

例えば、3人姉妹なのに自分だけ父親に蔑視され厳しく育てられたとします。幼児期の子供にとって父親は全てを司る「神」のような存在である上、子供は親を変えるわけにもいかず、ひたすら与えられたものを受けていくしかないので、難しい家庭環境といえるでしょう。大人になった今、そんな環境で育った自分を近所の3歳の女の子と想定してみてください。その子はどんな苦しみがあったでしょうか?子供にとって親を嫌いになることは非常に難しいことなので、蔑視されればされる程、何度も「私を認めて、愛して!」と向かってゆき、うちひしがれた思いで、暗い居心地の悪い部屋でひとり三角座りをしているイメージが浮かぶかもしれません。

トラウマと上手に付き合うということは、その子の隣に座ってその子のペースで気持ちをわかってあげて「いつも側にいるから大丈夫だよ」と信頼してもらうことから始まります。最初は目も合わせてくれないかもしれませんが、徐々に徐々に「ひとりで心細かったよね」「あなたがどんなに辛かったか私はよくわかっているよ」とひたすら気持ちをわかってあげてください。その内、一歩一歩その子が目を合わせてくれるようになり、心を開いてくれて、あなたと一緒に日常の小さな喜びを分かち合うことができるようになってくることでしょう。これがトラウマと仲良くするひとつの方法です。すると徐々に心が楽になり、お腹の底からの笑顔で笑っている自分に気づくかもしれません。3歳の子は「泣いたカラスがもう笑った!」的にどんな辛い状況を耐え忍んできていても大人のあなたからの愛情を受け入れる素直さと力強さがあるからです。その子と仲良くすること、それは、あなた本来の輝きを大切にすることに繋がるはずです。
スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

かおる

Author:かおる
父の転勤をきっかけに、シドニーに住み始めて38年の心理カウンセラー。シドニー湾沿いののどかな街の小さなカウンセリング・ルーム(+シティのタウンホールクリニック)で、みなさんだれもが持っている「自己本来の輝き」を取り戻せるようお手伝いさせていただいています。
専門は、個人またはカップルカウンセリング、家族カウンセリング。

カウンセリングルームの詳細はwww.eastsidecounselling.com.au
をご覧下さい。

夫と23歳のひとり息子、そして14歳の元気なおじいちゃんわんこ(パグとジャックラッセルのミックス犬)が家族です。

心の辛さ、って目に見えにくいので、意外と自覚しにくのかもしれませんね。だから、ケアを怠り、ついつい自分を叱咤激励して先へ先へ進もうとしてしまう方も多いのではと思います。
このページは、そんなあなたに「ちょっと、小休止」の機会となり、たまには、あなたの「こころ」から届くメッセージに耳を傾ける、きっかけになれば、と思います。
ブログを通じて、みなさんと一緒に「こころの癒し」や「自分を大事にすること」また、「自己セラピー」等について色々な角度から考えてみたいと思います。
ぜひお気軽にご意見や質問などお寄せください。
お待ちしています。

eastsidecounselling@bigpond.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR