スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒップホップで癒しを...

日本で今、FUNKY MONKEY BABYSというバンドがあるのをご存知ですか?おばちゃんなので、Jポップにあまり通じていない私ですが、確か八王子でDJやMCをしていた3人組によるヒップホップバンドだそうです。最近、たまたま、彼らの「涙」という曲を聴く機会があったのですが…なんどこの歌詞がとてもいいんですね。癒し系というか、サイコセラピー的にも「なかなか、いい線行ってる!」と思えるようなものなので、今日ここでご紹介します。

目をそらしてきた自分の弱さと今
向かい合うことでしかつかめない未来があるから

まず、これが、私の心を捕らえた歌詞でした。まさにセラピー精神、そのもの!誰でも自分の弱さって、目をそらしたり、フタをしたりしてしまいがちです。私もずっとそうでした。でも、それをあえて明らかにして、きちんと向かい合う、ただ「認識」するだけで、そこからすべてが変わってきます。避けて来たものを「いつか向き合わなきゃいけないよな」とその存在に気づくだけでも、十分効果があると思いますが、それから一歩進んで、しっかり見つめるという行為からは、必ず結果がでてきます。新しい自分が始まり、違った未来へとつなげてくれるのです。
もうガマンしなくていいよ、溢れ出しそうなその気持を
いつもの笑顔に戻れるなら、朝までずっとつき合うから
こんな泣き虫な君は、きっと心に素直なだけさ…


まずは、このくだり…「もうガマンしなくていいよ」がいいですね。一般的にまだまだ、「ガマンしなきゃ!」とか「がんばって!」の多い世の中。そこで、あえて、「ガマンしなくていいから、気の済むまま泣いてごらん」と相手に言ってあげられる、それは、まさにカウンセラー的視点からの言葉でもあり、普通の友達関係では、なかなかいえない言葉かもしれません。でも言われた相手は、「気持を自然に表していんだ」「あるがままでいいんだ…」と思え、とても癒されると思います。そして心許せる人の前で、涙が溢れ出る人は本当に「素直な心」の持ち主といえると思います。

こぼれ落ちるその涙が、いつでも君の背中を押してる
ムダな事は何もないよ、悔しさ数えるたび強くなれる
昨日より強くなれる


とこの3行が実は繰り返し3回もリフレインされる部分なのですが、これもまたいいですね…。我々を辛い思いにさせる逆境も、決してムダではない、そこで、苦しんだり、考えたりすることが、本当に我々を強くしてくれる、ということかと勝手に解釈しています。辛いことが起きる度に、「しめしめ!これを乗り越えたらまた強くなれるぞ!」と思うような達人はなかなかいないと思いますが、辛くて、苦しくて、もうダメだ!と思う時に、「もしかして、これもムダじゃない、乗り越えたら、強くなれるかも…」と思えればこっちのもの。視点が変わって客観性も生まれ、感情的な対応よりも冷静に考えることで適した対応を考えられるのかもしれません。いつも理想的、計画通りにはいかない人生。教科書通りなんて風にはいきません。悲しければ十分泣いて、心の気持に素直になるのを自分に許してあげて、自分の自然な気持を受け入れられれば、心が納得するのかもしれません。そして、きれいごとや、強がりばかりを言わず、あえて自分の弱さを等身大で見つめることで、逆に強くなってゆけるんでしょうね。たまには、一般常識で、反対方向、逆効果かな、って思えるようなことも、意外と近道だったりする…それが人生だということなのでしょう。無理しないで、自分のあるがままをみつめる…ヒップホップに兄ちゃんらもなかなか捨てたものではありません。シドニー在住のおばちゃんセラピストに、日本の未来も明るいんだな、と思わせてくれる歌でした。それに、今は、歌を聴きながら自己セラピーに役立てられる、そういう濃~い時代なんでしょうね。

「涙」
歌詞:FUNKY MONKEY BABYS・平義隆
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05 07
プロフィール

かおる

Author:かおる
父の転勤をきっかけに、シドニーに住み始めて38年の心理カウンセラー。シドニー湾沿いののどかな街の小さなカウンセリング・ルーム(+シティのタウンホールクリニック)で、みなさんだれもが持っている「自己本来の輝き」を取り戻せるようお手伝いさせていただいています。

カウンセリングルームの詳細はwww.eastsidecounselling.com.au
をご覧下さい。

夫と22歳のひとり息子、そして13歳の元気なおじいちゃんわんこ(パグとジャックラッセルのミックス犬)が家族です。

心の辛さ、って目に見えにくいので、意外と自覚しにくのかもしれませんね。だから、ケアを怠り、ついつい自分を叱咤激励して先へ先へ進もうとしてしまう方も多いのではと思います。
このページは、そんなあなたに「ちょっと、小休止」の機会となり、たまには、あなたの「こころ」から届くメッセージに耳を傾ける、きっかけになれば、と思います。
ブログを通じて、みなさんと一緒に「こころの癒し」や「自分を大事にすること」また、「自己セラピー」等について色々な角度から考えてみたいと思います。
ぜひお気軽にご意見や質問などお寄せくださいね。
お待ちしています。

eastsidecounselling@bigpond.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。