FC2ブログ

心と身体のつながり

 心理カウンセリングというと主に、心の中で何が起きているのか、という一見、目に見えにくい感情が焦点となる場合が多いように思われがちです。しかし、そのトレーニングの中で、再三、教えられるのは、body never lies! 「身体は嘘をつかない」ということ。つまり、心と身体には密接なつながりがあり、人間の心理は、どんなにうまく隠しても、身体のどこかにそれが表れるということです。
子供は正直
 幼少時代は、それが自然と顕著に現れ、親としては子供の態度を見ていれば、何が起きているのかが手に取るようにわかることでしょう。しかし、大人になる過程で、学校や社会のマナーやルールなどを体得してゆくことによって、心の感情をうまく隠し通す術などもそれぞれ身につけてゆくのかもしれません。
Body Languageを観察
 一般的に、礼儀正しく、マナーもよいと思われる方でも、body languageをよく観察してみるとちょっとしたヒントが見えてきます。たとえば、それは、姿勢だったり、座ったときの手足の位置だったりと、本人としては、まさかそんなところにあらわれている、という自覚がない場合がほとんどですが、探してみると必ず見えてきます。不安や緊張が高まると、足が貧乏揺すりを始める、とか、本当に興味のある話題になると身を乗り出して声のトーンが上がる、とかそういったちょっと注意深い人なら気がつくような事から、辛い事を話す時に笑う癖があるとか、楽しそうに振る舞っていても目つきが暗いというような、心と身体のミスマッチなども、本心を探るヒントとなる場合が多くあります。
心からのメッセージ
この身体と心の微妙な相互関係は、隠された心理が身体に微妙なサインとして一時的に表れるだけでなく、ストレスや辛い事が重なった場合、それが体調として長期に渡って表れたりもします。たとえば、ストレスや緊張が続くと肩が凝ったり、胃が痛くなったり、偏頭痛がしたりするというのがその例でしょう。また、これは、心からのメッセージが一方的に身体に表れるのみでなく、逆に、体調がおかしいと心にもそれが表れるということにもつながります。ですから、なんだか気分がウツウツする、イライラするという場合、それが心理的状況のみに根ざしているものばかりでなく、身体的なホルモンの状態(生理前など)によるものであったり、風邪などのウイルスから来るものであったりということも十分考えられます。ですから、みなさんも、体調がおかしいと心にもそれが表れ、また心に悩みがあるとそれが身体に表れる、という微妙な相互関係を把握することで、定期的な自己チェックが可能になります。
自分の癖を知り、自己セラピーへつなげる!
 人それぞれそのメッセージの表れ方が違いますから、自分なりの癖をつかんでゆくと自分をより深く知るいい機会になります。たとえば、あなたは、辛い事やストレスが重なった時、肩が凝りますか?胃が痛くなりますか?また、定期的にジムへ行かないと気分がクサクサするとか、あなたの心からのメッセージが身体にどういう風に表れるのか、また反対に、身体の不調がどのように心に表れるのかを知る事で、より密に自分を理解し、今日から自己セラピーにつなげていけるということです。自己認識を高めることは、本来の自分らしさを知る事にもつながります。心と身体の相互的なメッセージを知ることで、自己認識を高め、自分を労ってあげるいい機会になればと願っています。
いい意味で「自己中心的」に…
 自分へのケアを第一に考えることは、一見、利己主義と思われるかもしれませんが、実は、その逆。自分がベストコンディションでいられることで、家族や周りの大切な人たちに最善のケアを施せるということにつながるのでは、と思います。それぞれが、忙しい毎日、いつまでも「健康=当たり前」と侮ってはいませんか?いい意味での「自己中心的考え」は、自分が毎日、ベストな状態で仕事をこなし、家族とのふれ合いを楽みながら、生き生きとした生活を続けるための「基本的な心構え」と考えていいのかもしれません。ということで、堂々と?!ご自分「心と身体の健康」を優先して、大切に毎日を過ごしてくださいね。         
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08 10
プロフィール

かおる

Author:かおる
父の転勤をきっかけに、シドニーに住み始めて38年の心理カウンセラー。シドニー湾沿いののどかな街の小さなカウンセリング・ルーム(+シティのタウンホールクリニック)で、みなさんだれもが持っている「自己本来の輝き」を取り戻せるようお手伝いさせていただいています。

カウンセリングルームの詳細はwww.eastsidecounselling.com.au
をご覧下さい。

夫と22歳のひとり息子、そして13歳の元気なおじいちゃんわんこ(パグとジャックラッセルのミックス犬)が家族です。

心の辛さ、って目に見えにくいので、意外と自覚しにくのかもしれませんね。だから、ケアを怠り、ついつい自分を叱咤激励して先へ先へ進もうとしてしまう方も多いのではと思います。
このページは、そんなあなたに「ちょっと、小休止」の機会となり、たまには、あなたの「こころ」から届くメッセージに耳を傾ける、きっかけになれば、と思います。
ブログを通じて、みなさんと一緒に「こころの癒し」や「自分を大事にすること」また、「自己セラピー」等について色々な角度から考えてみたいと思います。
ぜひお気軽にご意見や質問などお寄せくださいね。
お待ちしています。

eastsidecounselling@bigpond.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR