FC2ブログ

常識は正しい?



「常識」という言葉がありますが、世間一般の「常識」は、果たしていつも正しいのでしょうか?もちろん、人に迷惑をかけない、というような視点からは、「一般常識」をある程度意識することも必要かもしれません。しかし、世間とは関係のない自己の内部では、あなた自身の基準が優先されてもいいのではないでしょうか?たとえば、「男/女はこうあるべき」という虚像に縛られ無意識に従っている方も多くいらっしゃいます。一般に「常識」と思われているようなことをあえて考え直してみると多くの発見があることでしょう。「常識」は文化、伝統やテレビなどの考えがベースになっていたり、親の口癖が根源にあり、知らず知らずのうちに、「自己の中での確固たる信念」として従わざるを得ない条項と見なされてしまっているようです。

 一番多いのが「自分に厳しく」というポリシー。もちろん、自分に厳しいということは悪いことばかりではありませんが、「ほどほどに」ということを忘れて、「これでもか!」と自分を追いつめてしまうのはどうでしょう。「家事も仕事も完璧に!」とか「常に上を目指すべき!」という厳しい声がいつも聞こえてくる為、何をやっても満足できず、悪いところばかりが目についてしまうのです。そこで、改めて、その考えがどこから来ているのか、その考えのいいところ、悪いところ、また自分に有意義なのか、などを考えてみることで、世間一般の「常識」でなく、自分の個性に合った自己の「常識」を作り上げていけるのです。自分にとって一番大事なのは、あなたがのびのびとイキイキとできる環境ではないでしょうか?今からでも遅くありません。「人生に疲れてきた」とか「このごろ意欲が落ちた」という時こそが自己の「常識」を考え直すいいタイミングかもしれません。ちょっと小休止してチャンスに転換してみてはどうでしょうか。

スポンサーサイト



- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12 02
プロフィール

かおる

Author:かおる
父の転勤をきっかけに、シドニーに住み始めて38年の心理カウンセラー。シドニー湾沿いののどかな街の小さなカウンセリング・ルーム(+シティのタウンホールクリニック)で、みなさんだれもが持っている「自己本来の輝き」を取り戻せるようお手伝いさせていただいています。
専門は、個人またはカップルカウンセリング、家族カウンセリング。

カウンセリングルームの詳細はwww.eastsidecounselling.com.au
をご覧下さい。

夫と23歳のひとり息子、そして14歳の元気なおじいちゃんわんこ(パグとジャックラッセルのミックス犬)が家族です。

心の辛さ、って目に見えにくいので、意外と自覚しにくのかもしれませんね。だから、ケアを怠り、ついつい自分を叱咤激励して先へ先へ進もうとしてしまう方も多いのではと思います。
このページは、そんなあなたに「ちょっと、小休止」の機会となり、たまには、あなたの「こころ」から届くメッセージに耳を傾ける、きっかけになれば、と思います。
ブログを通じて、みなさんと一緒に「こころの癒し」や「自分を大事にすること」また、「自己セラピー」等について色々な角度から考えてみたいと思います。
ぜひお気軽にご意見や質問などお寄せください。
お待ちしています。

eastsidecounselling@bigpond.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR