スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイヤーセルフ vs ロウワーセルフ



ハイヤーセルフという言葉を聞いたことがありますか?
色々な定義があるようですが、勝手ながら私は自己流に「ベストな自分」「次元の高い自分」とか「無限大の可能性に繋がる自分」という風に理解しています。誰にもハイヤーセルフがあり、意識するだけでしっかりと繋がる事ができ、毎日の生活にも確かな変化をつけていくことができます。自分のハイヤーセルフを見つけるには、自分が一番尊敬する人、また、インスピレーションを受ける人や神様などを思い浮かべてもらい、その存在を思うと身体のどこでそのインスピレーションを感じるかを身体でまずしっかり感じてもらいます。身体で感じることができる、ということは、あなたの中にもその人と同じ要素があるということで、そこからその無限大の可能性へとしっかり繋がることができるのです。

それと対照的に考えられているのがロウワーセルフ。これもまったく勝手な定義ですが「低次元の自分」「エゴ」「欲や感情に左右され易い自分」という風に抽象的に理解しています。ロウワーセルフは、この世の常識、名誉や物欲などとも繋がる部分で、世間で生きて行くために、ある程度必要とも思われる部分かもしれません。ハイヤーとロウワーとすると、いかにもロウワーが悪いように思われがちかもしれませんが、決してそうとも言い切れないと思います。誰にでもハイヤーとロウワーがあり、この二つのバランスを取りながらどう生きていくかを考えることが大事なのかもしれません。いいと思われることが悪かったり、また悪いと思われる事が、結果的によかったり、そんなパラドックスの多い現実をどう生き抜くか...。

白黒と区別できる正しい生き方、間違った生き方などなく、それぞれが思い悩んで自分なりの答えを出していかなくてはならない場合も多いですよね。そんな中、ヒントを与えてくれるのが、ハイヤーセルフとロウワーセルフなのかもしれません。よろしければ参考にしてくださいね。
スポンサーサイト
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08 10
プロフィール

かおる

Author:かおる
父の転勤をきっかけに、シドニーに住み始めて35年の心理カウンセラー。シドニー湾沿いののどかな街の小さなカウンセリング・ルーム(+シティのタウンホールクリニック)で、みなさんだれもが持っている「自己本来の輝き」を取り戻せるようお手伝いさせていただいています。

カウンセリングルームの詳細はwww.eastsidecounselling.com.au
をご覧下さい。

夫と21歳のひとり息子(大学中退するって?何?!)、そして11歳の元気なわんこ(パグとジャックラッセルのミックス犬)が家族です。

心の辛さ、って目に見えにくいので、意外と自覚しにくのかもしれませんね。だから、ケアを怠り、ついつい自分を叱咤激励して先へ先へ進もうとしてしまう方も多いのではと思います。
このページは、そんなあなたに「ちょっと、小休止」の機会となり、たまには、あなたの「こころ」から届くメッセージに耳を傾ける、きっかけになれば、と思います。
ブログを通じて、みなさんと一緒に「こころの癒し」や「自分を大事にすること」また、「自己セラピー」等について色々な角度から考えてみたいと思います。
ぜひお気軽にご意見や質問などお寄せくださいね。
お待ちしています。

eastsidecounselling@bigpond.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。