謙虚は美徳?

日本人の美徳のひとつとして、「謙虚」と言う言葉がよくあげられますね。
意味をみると「控え目で、つつましいこと。へりくだってすなおに相手の意見などを受けること。」とあります。生まれてこの方、日本人を50年近く?!やっていると、謙虚でありたいが為に、やはり、自分のよいところや、密かに?!褒めてもらいたいところ、(自分で自分を褒めてあげたいところ)を自動的に「ぐっ」と押さえてしまいます。このスピードの早いことといったら!あまりの早さに、自分のいいところをみつけると、とにかく「ぐっ」と押さえてしまうので、自分をきちんと評価してあげる時間がまったくなくなってしまいます。謙虚でありたいが為に、自分を等身大で評価してあげることが、あたかも悪いこと?!のように感じてしまう方もいるかもしれません。

オーストラリアに住んでいてよく思うのは、オージーの人の場合、それは自然に自分のよいところを素直に認めるところ。「あなたのそういうところ偉いわよね」というと「あら、どうもありがとう。そういわれると嬉しいわ」と来ます。これは、日本人同士の会話ではほとんど聞かれませんね。それもこれも日本では、「謙虚」であることが優先されているからではないかと思います。確かに日本の文化には重みのある誇りにもつべき習慣などもたくさんありますが、よかったらゲーム感覚でちょっとオージーを見習ってみませんか?もちろん、謙虚であることは悪いことではありませんし、日本人同士の間では、上品さ、またマナーのひとつとなっていますから、ここはあくまでも試験的に、「謙虚であることをちょっとお休みすることで、どんなものが見えてくるか」という軽い気持ちで試してみてください。

自分で自分のよいところはよくわかっている、と思っても、あえて口に出して、「そうよね、私はこんないいところがあるよね」と言ってみる。また、誰かに「あら、そのスカーフとても似合ってらっしゃるわね、センスがいいのね」と言われたとき「あら、ありがとう、自分でも気に入っていたのよ」と褒めてくれたことに対してありがとうと言ってみる。するといろんなことが見えてきます。「うわ~!これ、かなり抵抗ある」「なるほどいってみると、気分がいいね」など、人それぞれかと思います。「やっぱり、私は謙虚であることが板についているんだわ」とも思うかもしれません。どういう反応であれ、自分のこころの反応をニュートラルな視点から観察して、その反応からまた自分を深く知るきっかけが生まれてくるかもしれません。

自分のよいところを認識すること。これは、やっているようでなかなかやっていないことかもしれません。いつも、欠点ばかりが目についてしまう方も多いかもしれません。もし、欠点にフォーカスすることが多いのであれば、バランスを取る為に、公平に、いいところもフォーカスしてあげるのはどうでしょうか?あなたの人生に欠かせない大事な「あなた」が、自己との関係をここちよいものにしていく為に、「こころ」が癒されて、イキイキして、元気を充電できる空間を作ってあげませんか?

日本人同士の会話でこれをやるのは、抵抗がある、という人は、まずオージーとのふれ合いの中で試してみるといいかもしれません。最初は謙虚になっている自分をみつけた際に、「あ、またやってる」と気づくことだけでも、意識が変わってくるかもしれません。毎日、1ミリ変われば、10日後には、1センチ、ちゃんと目に見えるサイズになりますね。そして、その変化に伴って、自分の中にどんな変化が訪れたのかを探してみてくださいね。小さな変化や気づきが、さらにたくさんの変化や気づきにつなげてくれるかもしれません。大切なあなたの「こころ」が、ほっと小休止できるひとときをじっくり味わうことで、毎日の何気ない風景がまた違ってみえてくるかもしれませんね...

スポンサーサイト
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
08 10
プロフィール

かおる

Author:かおる
父の転勤をきっかけに、シドニーに住み始めて38年の心理カウンセラー。シドニー湾沿いののどかな街の小さなカウンセリング・ルーム(+シティのタウンホールクリニック)で、みなさんだれもが持っている「自己本来の輝き」を取り戻せるようお手伝いさせていただいています。

カウンセリングルームの詳細はwww.eastsidecounselling.com.au
をご覧下さい。

夫と22歳のひとり息子、そして13歳の元気なおじいちゃんわんこ(パグとジャックラッセルのミックス犬)が家族です。

心の辛さ、って目に見えにくいので、意外と自覚しにくのかもしれませんね。だから、ケアを怠り、ついつい自分を叱咤激励して先へ先へ進もうとしてしまう方も多いのではと思います。
このページは、そんなあなたに「ちょっと、小休止」の機会となり、たまには、あなたの「こころ」から届くメッセージに耳を傾ける、きっかけになれば、と思います。
ブログを通じて、みなさんと一緒に「こころの癒し」や「自分を大事にすること」また、「自己セラピー」等について色々な角度から考えてみたいと思います。
ぜひお気軽にご意見や質問などお寄せくださいね。
お待ちしています。

eastsidecounselling@bigpond.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR