FC2ブログ

癒しの窓口。。。



あなたの癒しの窓口は、今なにを求めていますか?

突然、「癒しの窓口」といわれても。。。と思うかもしれませんが、人それぞれ、「癒される」と感じる方法や事柄が違うものです。たとえば、ネイルを常にきれいにすることで気持ちもしゃんとして癒しに繋がる、という方がいるかと思えば、数独を黙々とやることが癒しになる、と感じる方もいらっしゃると思います。



もう半世紀近くも「自分」として生きてきて、そんなこと考えてみたこともない!という方も結構多いのではと思います。でも、毎日、次から次へこなさなくてはいけないことに追われている生活をしていたら、きちんとそのストレス解消の手段や、自己の癒しなどについても落ちついて考えてみることは大切です。他、自分で「私は友達とのおしゃべりが何よりの癒しになっている」と思う方も多いかと思いますが、たまに、自分でそう思い込んでいても、いつのまにか、友達と会った後、どっと疲れがでてくる自分に気づくことはありますか?

そういう場合、話の内容や、合う相手の雰囲気なども客観的に観察してみてください。通常、楽しんでいた他愛ないおしゃべりが、いつのまにか、「悩み相談セッション」になっていたりする場合もあるかもしれません。また、相手も自分も常に変化をし続けていますから、みんなとわいわい、よりも少人数で、また、ひとりでゆったりとお茶をする方が癒しに繋がっている場合もあるかもしれません。

ぜひ、今のあなたの癒しの窓口が、なにを求めているのか?を定期的にゆっくり考えてみてください。答えがすぐでなくても、ふとした拍子に、リラックスしている自分を感じたら、「ああ、私はこんな時間が好きなんだな」と自分の心が求めている事に気づけたと認識してください。いつも元気に活動し続けてくれている「自分の心身」へのせめてもの恩返し。そういう静かな時間、って大切かもしれませんね。
スポンサーサイト



トラウマと仲良く。。。



「三つ子の魂百まで」と言われていますが、その言葉の通り、あなたの生まれ持った本質的な性格と幼児期にどう育てられたかはあなたの人格形成に大きな影響を与えると言われています。でも、だからと言って逆境で育った人は一生そのトラウマを抱えて辛い思いをして生きるという意味ではありません。大事なことは、あなたが持ち前の本質を生かしてトラウマとどう付き合っていくかで新たなる可能性がたくさん生まれてきます。

例えば、3人姉妹なのに自分だけ父親に蔑視され厳しく育てられたとします。幼児期の子供にとって父親は全てを司る「神」のような存在である上、子供は親を変えるわけにもいかず、ひたすら与えられたものを受けていくしかないので、難しい家庭環境といえるでしょう。大人になった今、そんな環境で育った自分を近所の3歳の女の子と想定してみてください。その子はどんな苦しみがあったでしょうか?子供にとって親を嫌いになることは非常に難しいことなので、蔑視されればされる程、何度も「私を認めて、愛して!」と向かってゆき、うちひしがれた思いで、暗い居心地の悪い部屋でひとり三角座りをしているイメージが浮かぶかもしれません。

トラウマと上手に付き合うということは、その子の隣に座ってその子のペースで気持ちをわかってあげて「いつも側にいるから大丈夫だよ」と信頼してもらうことから始まります。最初は目も合わせてくれないかもしれませんが、徐々に徐々に「ひとりで心細かったよね」「あなたがどんなに辛かったか私はよくわかっているよ」とひたすら気持ちをわかってあげてください。その内、一歩一歩その子が目を合わせてくれるようになり、心を開いてくれて、あなたと一緒に日常の小さな喜びを分かち合うことができるようになってくることでしょう。これがトラウマと仲良くするひとつの方法です。すると徐々に心が楽になり、お腹の底からの笑顔で笑っている自分に気づくかもしれません。3歳の子は「泣いたカラスがもう笑った!」的にどんな辛い状況を耐え忍んできていても大人のあなたからの愛情を受け入れる素直さと力強さがあるからです。その子と仲良くすること、それは、あなた本来の輝きを大切にすることに繋がるはずです。

たまには、カード。。。

IMG_6291_convert_20160421071414 のコピー

いつも時間に追われる生活。。。
息をつく間もないこともありますよね。
そんな時こそ、時間が空いたら、
遠くにいる友達やお世話になった方々にカードを送るのもいいですね。

普段コンピュータに慣れた生活だと、書く内容だけに集中してしまう。
だからこそ、
落ち着いて字をきれいに書くとか、
間違えないようにとか
気持ちを集中させながら書き進めることで、
短いカードでも書き終わった後に達成感があるもの。

真っ白いカードに向かって、深呼吸をする。
いつもより、ちょっとだけ字がきれいに書けるかな?
漢字はちゃんと覚えているかな?
ミスはしないように。。。
等、思いをめぐらせながら、初心に戻っての一発勝負!

期待と希望と不安と温かい思いがミックスした甘酸っぱい気持ち。。。
それは、小学校低学年の頃の自分に戻ったような不思議な感覚。。。

白いカードを前にしては、
折り返し地点を過ぎた年齢の私もみんなと一緒。
ただただ、自分の素直な気持ちをカードにしたためたいだけ。。。

この頃ちょっとだけ距離が空いてしまった大切な人への想いをこめて
ポストへ投函してきます!

遊び心



早朝、犬の散歩で森の奥深くへ入っていったら。。。なんと木にカメの小さいぬいぐるみが!!!
誰が置いたのでしょう?
いい具合に枝に乗っかっています。
「豚もおだてりゃ。。。」とは言いますが
「カメもおだてりゃ。。。」なんですかね?

そこで、ふと
「あ、また、日常に遊び心を忘れている!」と思い出しました。

お陰で帰り道は犬と「もしもしカメよ、カメさんよ。。。」
の歌を歌いながら帰りました。

何気ない毎日。。。
こういうミステリー、素敵ですね。

カメさん、
ありがとう!


フラワーエッセンスで宝探し。。。



ひょんなことから、フラワーエッセンスのセッションを受ける機会をいただきました。なにもしらないまま、促されて2時間程もゆっくりじっくり体験してみました。まあ、なんとも不思議な世界。
ゆっくりした和やかの雰囲気の中、セラピストの方が、私の今の目標をを聞いてくださり、焦点を絞っていきました。そして、72種類もあるフラワーエッセンスのボトルの中から自分のボトルを選び、私だけのエッセンスボトルが完成。

「これからかおるさんの宝探しの旅がはじまります」というステキなセラピストの言葉を合図に、なんともわくわくした旅が始まりました。

それからは、あれよあれよと色々な物事の展開が続いたのですが、ネガティブに受け止めてしまうような出来事があっても、すべては、起こるべき出来事、として淡々と自分の原点に戻って、冷静に対処できるのです。まさに、宝探しの旅。。。ステキなコンセプトです。違いとして感じるのは、自分の軸をしっかりと感じながら、日々起こる事柄を受け止めて行き易くなったことでしょうか。

リフレッシュのできるいいホリデーになっています。
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
09 11
プロフィール

かおる

Author:かおる
父の転勤をきっかけに、シドニーに住み始めて38年の心理カウンセラー。シドニー湾沿いののどかな街の小さなカウンセリング・ルーム(+シティのタウンホールクリニック)で、みなさんだれもが持っている「自己本来の輝き」を取り戻せるようお手伝いさせていただいています。
専門は、個人またはカップルカウンセリング、家族カウンセリング。

カウンセリングルームの詳細はwww.eastsidecounselling.com.au
をご覧下さい。

夫と23歳のひとり息子、そして14歳の元気なおじいちゃんわんこ(パグとジャックラッセルのミックス犬)が家族です。

心の辛さ、って目に見えにくいので、意外と自覚しにくのかもしれませんね。だから、ケアを怠り、ついつい自分を叱咤激励して先へ先へ進もうとしてしまう方も多いのではと思います。
このページは、そんなあなたに「ちょっと、小休止」の機会となり、たまには、あなたの「こころ」から届くメッセージに耳を傾ける、きっかけになれば、と思います。
ブログを通じて、みなさんと一緒に「こころの癒し」や「自分を大事にすること」また、「自己セラピー」等について色々な角度から考えてみたいと思います。
ぜひお気軽にご意見や質問などお寄せください。
お待ちしています。

eastsidecounselling@bigpond.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR